意外に重宝するビニール袋

週に2~3回、近くのスーパーマーケットへ買い物に出掛けます。毎回まとまった買い物をするだけに、荷物は必然的に多くなってしまいます。たくさんのビニール袋を抱えて家路に就きます。すると家には買い物袋がたくさんたまっていきます。ひとところに保存しているのですが、あらゆる場面で役に立つのです。小さなゴミを入れるのも便利ですし、急な雨にもカッパとして代用出来ます。そんな使い方とは真逆に、最近スーパーではレジ袋の有料化をするところが増えています。もちろんリサイクルという側面からは、推進すべきかもしれません。一方でレジ袋は、ほとんどが廃油で製造されているのです。袋として利用しなければ燃やすしか方法がないのです。何でもかんでもエコやリサイクルを訴えるだけでなく、今目の前にあるものの製造課程を知ることも大事だと感じています。

ビニール袋の収納の仕方

スーパーやコンビニに行くと必ずといって入れてくれるのがビニール袋です。最近ではエコのため断わられる方も多いかと思いますがそれでも各家庭にストックされてる方は多いのではないでしょうか?そこでたまってくるビニール袋の収納方法を心得ておくときちんと整理できて気持ち良いと思います。簡単であればなおのこと良いとおもいます。まずビニール袋をひろげ、3回ほど半分に折ると良いと思います。次に縦に半分に折ります。紐を結ぶようにしますが、ギュッと結んでしまうのではなく、ペタンとした感じで結びます。後は両端のはみ出た部分を中に織り込んでしまえば完成です。適当に丸めてストックしておくよりもこのように折りたたんでおけば見た目にもいいですし、たくさんストックしておくこともできます。綺麗にたたまれていればシワにもなりにくいので、再利用しやすいと思います。ひと工夫でせいかつが便利になると思います。

ビニール袋の意外な活用方法

買い物袋などのビニール袋などは放っておくとどんどんたまっていくものです。そのまま捨ててしまうのももったいないし、なんとか有効に活用する方法はないものでしょうか。そう考えている方に試してもらいたいのは油取りとしての活用です。意外と知られていませんがビニールには油分を吸収する性質があります。これを利用すればキッチンに残っている油膜をきれいに拭き取ることができますし、化粧の後に顔から油分だけを吸い取ることも可能です。また、お風呂の掃除ではスポンジの代わりに使ってみましょう。スポンジと違って洗剤を吸い込むことがないので汚れた部分に洗剤を効率的にいきわたらせることができます。いくら便利でも沢山のビニール袋を取っておくのは場所をとって邪魔だという方は空のティッシュボックスを使ってみてはいかがでしょうか。きれいに折りたたんで箱の中に入れておけば場所をとりませんし、ティッシュと同じように気軽に取りだすことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*