ビニール袋を低価格で買うには?

店舗でも家庭のキッチンでも、ビニール袋は毎日欠かせないアイテムといえます。業務用の店舗などでまとめ買いしている方も多いのではないでしょうか?しかし、わざわざ買いに出かける時間を確保するのも、かさばるビニール袋を持ち運ぶのも大変ですね。そんな時には、ネット通販でのまとめ買いが効率的で低価格なのです。ショップもたくさんありますし、袋の種類も豊富です。さまざまなサイズが揃っているのはもちろん、持ち手がついているものやチャック付き、そしてレジ用袋など利用したい目的に合うものが必ずありますし、まとめ買いをするとコストが安くて済むのです。そして一定以上の購入金額であれば送料や代引き手数料を無料にしてくれるショップもあります。ビニール袋はネット通販を利用すれば、良質な商品を手間をかけずに購入することができるのです。

お店でもらうビニール袋の利用法

ビニール袋はスーパーやデパートの店員さんからもらうことが多いのですが、最近では地球環境への配慮からそれを有料にしたり、使用を断れば値引きしてくれたりするようになりました。私の場合もスーパーへ行ってアイスを買った際にレジ袋を使わないことを言えば、値引きしてくれました。ゴミを減らすためにもこのような取り組みは必要だと個人的に思います。ところで、スーパーやデパートでもらったビニール袋は使用した後、そのまま捨ててしまう人もいるのですが、中には別の用途に使う人もいます。多い用途はゴミ袋として使うことです。お店に行けば専用のゴミ袋が売られているのですが、もらった袋をそのように使えば、その分節約になります。私もそうしています。それ以外にも利用法はあり、掃除の際の手袋の代わりとして使うことや折り畳み傘を入れる袋として使うことなどがあります。このことからビニール袋は便利だと思います。

スーパーのビニール袋のくくり方

スーパーで買い物をした時、どのように持ち帰りますか?ビニール袋の口をとめないで持ち帰りますか?それとも、口をセロテープでとめますか?また、持ち手をくくる人もいますね。私は、自転車で買い物に行くので、荷物がばらけないように持ち手をくくります。ブラジル人の友人に教えてもらったくくり方で、しっかりくくれるのに、ほどきやすいくくり方を紹介します。ビニール袋の2つの持ち手の輪の中に、一方には右手、もう一方には左手を入れます。そして、両手とも、反対側の持ち手を持って、その持ち手を持ったまま(手はクロスさせた状態になっています)輪の中に入っていた手を引き抜きます。次に、その引き抜いた持ち手を輪にして同じことをもう一度行います。そうすると、ほどけないで、持ち帰ることができますし、中身を出す時は、簡単にほどけます。その方法を教えてもらってからは、友人にも教えてあげて、私の周りの人達は、みんな感動して、使っています。皆さんも是非、覚えて、使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*