Subscribe via feed.

ビニール袋を上手に使って手軽に料理を楽しもう

皮むきなどの下ごしらえや洗い物が面倒なため、料理は苦手という方も多いことでしょう。そんな時に便利なのがビニール袋を使った料理です。ビニール袋を使えば、調味料や材料を混ぜる時に手を汚さなくて済みますし、洗い物も少なくなって一石二鳥です。また、食材のうまみも逃すことなく使うことができますのでおいしさもアップします。初めてチャレンジするならキャベツやきゅうりを一口大にカットし、塩や塩昆布で漬け込む浅漬けがおすすめです。夕飯の準備の一番最初に仕込んでおけば、準備が終わる頃にはちょうど食べごろになっています。また、フライなどのパン粉を付ける時も便利です。バットやボウルを使わなくても袋の中でシャカシャカ振るだけで完了です。お菓子を作る際に材料を混ぜるのにもおすすめの方法です。このように、ビニール袋はアイデア次第でさまざまな使い道があります。皆さんも、上手に使って手軽に料理を楽しみましょう。

ビニール袋の収納方法

持っていて便利なビニール袋ですが、収納をしていなくて丸めておいていたりしていませんか。私がしている収納方法なら、必要なところに必要な大きさのものを保存することができて便利です。その方法についてみなさんにもお伝えしたいと思います。まず、キッチンでの収納方法ですが、シンクの扉の裏側に袋をつけて、その中に収めてみてはいかがでしょうか。それから洗面所でも洗面台の下の扉に袋を付けて保存するとすっきりと片付きます。それからトイレなどでは小さいボックスなどをおいてその中に入れておくと便利です。また、おしゃれに見せて片付けをしたいといわれる方にはちょっとおしゃれなかごなどに入れて収納すると良いかと思います。使うときにすぐ手元にあると便利なのでこういった収納にしてみてはいかがでしょうか。そのときにはきちんとたたんでおくとよりすっきりしますよ。

ビニール袋の活用方法

料理のときにビニール袋を活用しています。薄く小麦粉をつけたいときは袋に肉や魚と粉と空気を入れてポンポンはたくと薄くしかも細かい隙間までまんべんなくつけることができます。フライにする時も小麦粉とパン粉は袋の中で。肉団子も材料を入れて袋の上からもみもみ。お皿も手も汚さずに肉団子の種を作って、端っこをちょっと切ったところからタネを少量ずつスプーンで切って鍋に落とせばあっという間に肉団子鍋ができます。新しい袋を使うのではなく、スーパーで肉のパックや野菜を入れた薄いビニール袋を再利用すれば、無駄にもなりません。ゴミを出す時の大きなビニール袋も何かと役立ちます。急な雨に底に頭が通る穴を開けて被ればポンチョ代わりになり、保温効果もあります。また、災害時に不衛生なバケツしかなくても内側に敷いて使えば飲料水をいれる容器として重宝します。小さく折りたたんでバッグや自転車のカゴ、避難袋に入れておくことをお勧めします。

弊社は、様々な包装品等への印刷を行っている会社であり、他社との違いは、紙袋やビニール袋からうちわまで、様々なものに印刷できる技術です。ヤマゲンでは紙袋や手提げ袋、紙箱、段ボール箱といった紙製品を格安低料金でオーダーメイド販売しています。弊社は、紙袋や紙箱、ビニール袋などへの印刷を行っている会社であり、オーダーメイドでオリジナルのパッケージが作れます。ビニール袋などの印刷製造はこちらへ

Post a reply



*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)